最近需要が高まっているリゾ婚【結婚式の費用を抑える方法とは】

パスル

場を盛り上げる手法

動画編集が誰でもできる時代になったことから、最近では結婚式で映像による演出が一般的になりつつあります。それぞれの生い立ちを流したり、オープニングムービーやエンドロールなど、要所で使用すれば場を盛り上げるだけでなく、ゲストの一体感を生むことができます。

男女

夫婦の気持ちを伝えたい

ウェルカムボードに礼装の夫婦画像を載せたい場合、似顔絵を描いてもらいましょう。こうしたウェルカムボードはイラストが得意な友達に制作してもらうこともできます。またプロであればSNSやサイトを通じて仕事の依頼を出すと良いでしょう。

ハート

動画はプロにお任せ

結婚式の映像を安くするだけなら、比較すればいいだけなのでそう手間はかかりません。ただそれだけでなく、実際のサンプルをみて業者の技量を確かめるのも必要です。またわからない個所をとことん質問して、業者がどんな回答をしてくるかをみるのも大切です。それで明瞭な応対をしてくれるならその業者は大丈夫です。

特徴考えます

ウーマン

地域性があります

沖縄で結婚式を挙げる場合、多くの人がイメージするようなリゾートウエディングもあれば、地元に根付いた結婚式もあります。地元に根付いた結婚式の場合、実は結婚式の費用は比較的軽いという特徴があります。沖縄の結婚式は招待客が多いのが一般的で、300人から500人程度の人数を招待することも珍しくありません。招待客は正装して参加するものの、学生の頃の友人や職場関係の人などがたくさん招待されるため、同窓会や会社の飲み会のような雰囲気で盛り上がります。招待客に振舞われるコース料理に関しても、円卓に大皿で盛り付けられることが多いので、同じテーブルの招待客が自分達で料理を取り分けます。過剰な装飾や人件費が掛からないこともあり、費用面での負担が大きくありません。それに伴い招待客が包むご祝儀も全国平均に比べて半分程度なのです。沖縄の結婚式は費用面で負担が少ないのが大きな特徴ですが、招待客の余興が多いのもポイントです。余興の時間がたくさん設けられていて、そのための舞台も設置されている結婚式場がほとんどです。新郎新婦がお色直しなどで退席している時でも余興を見て楽しむことができます。もちろん新郎新婦の希望に沿って、料理を一人一人にサーブされるコース料理にグレードアップしたり、会場に豪華な装飾をすることもできます。費用に応じての対応が可能な上に、100名以下の一般的な結婚式も可能なので沖縄の結婚式は選択肢がたくさんあります。